Showing: 1 - 8 of 8 RESULTS
Announcement Announcement from Lucerne school Description Spiritual Class Supplementary switzerland

2021年からXCIは研究活動と教育を主業務とする大学方式に変わります。

日本語記事辞めますとかいって詐欺しました。というより、忘れていました。笑 来年からは大学方式(日本で学べるのはコミカレタイプの初級レベルのみ)になりますが、現時点でも中級以上の方が数名いらっしゃるので一応アナウンスしておきます。 2021年1月からの大きな変更点 1.体験入門コース “Obsidian”が実装されます。本部受講の場合は指導料が123,000JPY(税別)、加盟校受講の場合は93,000JPY~123,000JPYの範囲で指定講師のレベルや経験値別で受講料が変わります。 初級以降も指名講師のレベルによって指導料を最大10%程度のオプションにできる仕組みを導入する予定です。ただし、本部受講料が最大値とします。スクール施設は必ずしも講師常駐である必要はなく、設備のみで足りるものとしますが、指導者(中級者又は上級者)を選ぶのはあくまで受講生側とします。(縁故を重視するか、指導経験を重視するかは受講生本人の価値観次第のため) 2.講師やヒーラーのケース取扱い件数や合格済みの試験の種類、経験値などでランク分けします。 3.中級以降を受講するには学位が必要になります(2021年度から受講予定の新規受講生が対象、ただし上級を初めて受ける中級者も上級からは対象)。 特に、上級クラスを受けるには次の単位又は学位が必要になります。 Turquoise以降全て : 学士以上であることが最低限の受講資格です。 Moon Stone ( White Knight ) : 経済学部、商学部、法学部出身の修士以上の者であることとしますが、MBA(経営大学院資格)でも代用できるものとします。その他、CPA、IFA(UK国籍の公的なライセンスに限る)、弁護士などの資格はこれに代用できます。 以上の要件に当てはまらない場合には、Turquoise修了試験終了後、本部指定の経済学・会計学・法学の試験を受験し、一定スコア以上の得点であることかつ、日本人の場合は国連英検C級以上又はIELTSのスコア5.0以上、ケンブリッジ英検B2以上(又は3年以上の留学経験)を保有していることを条件とします。 Crystal : 修士以上かつ、Turquoise修了試験合格者を対象としますが、学士であってもTurquoise試験結果が極めて優秀で、かつ指導実績又はスクールオーナーシップ(マスター)の仕事で優秀な実績を残されているなど特例受講も可能とします。 Holy Crown : 修士以上であり、経営学、経済学、政治学のそれぞれの単位を取得しており、かつCrystal修了試験に合格すること。ただし、芸術関連の経験(具体的に1種類以上の器楽演奏ができるか、又はデッサンを含む画法を習得済みのこと)を要する。 4.パートナースクールオーナー自身の修了レベル(オーナーは全てTurquoise以上修了者のみ)に応じて受けられる実績対価や経営サポートが加わる。特にMoon Stone以上のオーナーには設備投資予算の出資が本部から受けられるようになりますので頑張ってください。 5.スクールマスター過程(仮)が常時要件適用されるようになります。 スクールオーナー専用の教育プログラムで、Turquoiseからスピンアウトされたコースです。通常、受講開始初期からTurquoise受講を予約する”Advanced boost”オプションを選択した場合は当初からスクールマスター教育とスクールオーナーシップメント権利を包括した契約になります。 スクールオーナーになるためにはこの過程を修了し、かつ試験に合格した人物のみとなります。すでにスクールオーナーである方は事後的(概ね2021年中)に当該過程を修了し、試験に合格してください(追認方式)。 内容的には現在までに受講している「スクールオープニング研修」の内容が拡張されたもので、現在マスターのMARIが提供しているクラスです。 6.スクール事業そのもののブランド名称が決まります。(the Verities orgはあくまで組織名のため) TIPS XCIはスピリチュアル大学院が主業態になるため、今後は学士以上のみを受け入れることと致しました。また、外国語は母国語以外に1ヵ国以上がFluent(最低要件)であることがパートナースクールの2年目以降の維持要件、加えて1ヵ国語がConversationalであることは、スピリチュアル上級者の1つの指標とします。 念のためTuquoiseを修了後にMoon StoneクラスやHoly Crown(最高レベル)への進路を検討している方に。 経済学試験ですが、クルーグマンマクロ経済学という初学者に非常に優しい(高校卒業程度の学力を有する一般社会人程度を想定した)要説書があります。 一般の学生であれば大体3,4日、社会人であれば1週間もあればざっと読み切れる内容なので、ぜひ読んでみてください。(Kindleだと少し安いです) 一人間の教養としてもとても大切なことですし、特にスピリチュアルをやる人は世界経済や政策に関わることになるので、「まだだった!」と思った方はマクロ経済くらいは今のうちにマスターしておいてください。(言うまでもなく、世間ではマクロ経済は普通の生活を送る上で最低限必要な認知の範囲です、これがわからないと日常的な経済生活やコミュニケーションに差支えがあります) 経営学や会計学はCPAの教本などを参考にされてください。 尚、試験は英語で行いますので英語版で読破されるのも一考です。 ちなみに、スピリチュアルを極めると国連に関わることが増えていきます。マスターと呼ばれる人は特にそういう傾向があるので、ポリティクスや経済学などは必修であることは間違いありません。高位のヒーラーにとっては、クライアントに政治家や経営者などの政財界の人間が多いからです。 あからさまに言えばカウンセリングの程度も測られてしまうので、Raving Fansをつけていきたいのでしたら、リベラルアーツと高をくくらず真面目にやりましょう。 スピリチュアルリーダーとしての品格を保つためにも、王家の補佐役としての品位を保つ意味でも、原理原則への理解と芸術世界への造詣は最低限保持するよう努力しましょう。

Announcement from Lucerne school Educatioin Spiritual Spiritual Course switzerland

スピリチュアルが「行動」にすべての理論の原点を求めるわけ

元祖スピリチュアル科学を地で行くXCIですが、私たちの原理原則の一つに「行動(力)」、「現象化(力)」みたいなものがあります。 じつはいくつものヒーリングプログラムの結果として求めているのは行動であり、行動の結果としての現象です。 どのような現象を引き起こすか?という現象学としてのスピリチュアリティを初めから最後まで貫いていますが、それをはっきりと行動原理論として体系的に伝えたことはありませんでした。(授業ではちょくちょく話すことがある) これは実際には「行動科学としてのスピリチュアル原理入門」みたいなオタク向けの本が一冊できそうなくらい実に多量の注釈を加えることができるのですが、そんなことやっていたらこのブログがそれだけで埋め尽くされそうなのでここでは日本での本部活動が終了するこの年末というタイミングにちょこっとだけ紹介したいと思います。(というのも、XCI orgの国際プログラムではそれをメインに扱うからです) 私達が「スピリチュアルは行動科学である」と定義している理由も、ここでわかります。 Article 0 : スピリチュアルリーダーってどんな人たち? むかしから、大手のスピリチュアルリーダーやミステリースクールの活動家たちは非常にアクティブであったことで知られています。 今はなかなか社会環境的にそうでもないので、聞きなれないかもしれませんが、当時はヒッピーという呼称で呼ばれていた人たち―豊田勇造さんや、南正人さんなどがまさに今我々がスピリチュアル活動をしている中で直接歴史上の流れの中で前衛を任されてきたような立場にあります。 スピリチュアル領域でいう「アセンションリーダー」とは常に変革リーダー(チェンジリーダー)ですので、当然社会との軋轢の中で相当揉まれながら生きている人が多いですね。 例えばスピリチュアル活動でチェンジリーダーとして有名な人物は色々ですが、マハトマガンジーやマザーテレサなどは日本ではお馴染みの例と言ってよいでしょう。 イエスキリストもユダヤ教の中でも特に類まれな天才的な人物であると同時に、チェンジリーダーとして非常に苦しい人生を送った一人です。 では今もチェンジリーダーはそういった軋轢の中で揉まれて殉教者や聖人にならなければならないかと言えばそうでもないのが実態で、この50年くらいで人類全体での知的水準は流石に2,000年前のローマよりはイデオロギーも認識のレベルも高いのでそこまで殺伐とはしないでしょう。 直近でスピリチュアルリーダーと呼べたのはスティーブジョブズでしょうけど、色々あったにせよ宗教裁判にかけられて死刑にはならなかったですからね。 Article 1 : なぜそこまで行動が大事なのか? なぜスピリチュアルが行動学であると言い切れるのか? それは100論じるより図を見ていただいた方が速いでしょうから作成してみました。(すごい雑ですが・・・) まずご覧いただきたいのがこの図。実はスピリチュアルの概念の内、これらは基本中の基本項目になるので、国際プログラムの入門体験コースで詳説予定です。 当然数値は体感覚レベルなので人間が知覚できる事象レンジと比較して各セクターの要素値がどのくらい少ないのか、とか、そもそも知覚できたとしても認識に上がって行動に反映するに至る分量としては極めて小さいのだということがここでは最も重要な共通認識です。 つまりここの節で大事なことは、 人間が知覚してから行動に移す量は匙一杯分に満たない。 という真理を知っておきましょう。ということです。 これを頭に置いた上で、次のスライドを観てみましょう。 これは、よくあるヒーリングクライアントさんのケース。 小さい頃に虐められていたとか、親から虐待を受けていた人などにありがちな、他人に対する極度の恐怖症を持っている人の行動パターンと現象との関係性を明記したものです。 次にヒーリング後どうなるか観てみましょう。 一番ヒーリングによって変わるのは「Recall=想起」する部分です。 統合ヒーリングや透視ヒーリングなど呼称は別としてもヒーリングと言うことはこの想起にアプローチして認識に上がる前のプロセスを調節するのが仕事ですよね。 このRecallが変わることに因り<選択肢>がこれまでと違った集合になります。また派生効果として考える際の自己破壊性なども同時に癒されるため考え方も健全になりやすい傾向にあります(ヒーリングした後に比較的精神状態が落ち着きやすいことの一つの要因)。 勿論地頭や思考力などの学力に依存することもままありますが、基本的に悪い方に考える癖がなくなります。或いは、週勘定の考え方が悪いかどうかは別としても、よりよい未来に方向をシフトしやすくなるので、選択する幅が変わるだけでなく基準や実行内容まで変わるのが通例です。 重要なのはここまで。 その後はヒーリング前も後も変わりません。 よく、ヒーリングをするとすぐにお金が入るんですか、という質問がありますが違います。行動から現実が変わるプロセスは宇宙の原理原則が働いているので我々ヒーラーではどうしようもありません。 私達ヒーラーがお手伝いできるのは行動による選択の結果、もっと言えば選択の仕方や方向性をより良い方向に導くというコンサルティングやコーチングの業務にきわめて近い性質にあります。 さすがにエネルギーワークをしたからといってすぐにお金がわんさか入る、ということはありませんし保証しかねます。 ただし、このプロセスワークを考えれば「お金が入らなくなる理由」はわかったり、「お金が入らないようにしている自分の思考の罠」を解くことは通常の心理カウンセリングなどよりも効果的であると考えて先ず間違いありません。その結果として前よりも収入が増えた、ということは自ずと生まれます。 行動の結果、というところは変えられませんが、選択の結果の行動の前段部分を変えることは可能であるという事を同時に示しているわけです。 ここでこれらのことの一般論としてまとめます。 一般化すると概ね上図の通りで、これは実はヒーリング体系全てに通じる原理原則でもあります。というか、これに当てはまるかどうかでスピリチュアルヒーリングが成功しているかどうかが大体バレてしまいます。 変えられるのは現実そのものではなく、その人の思考パターンや行動選択のパターンだけだということです。 言い換えれば、ヒーリングをしていると行動選択のパターンが変わるはずです。ですので、行動選択のパターンが変わっていないという事は、ヒーリングが足りていない部分だという事が明らかになるわけですね。こうやってトレース&クリアリングしていくとスピリチュアルが行動科学であるという私たちの理念もご納得いただけたのではないでしょうか? Article 2 : 門下生の方やスクールに協力していただいていること。 以上のお話でスピリチュアルで成果を出すことが如何に行動を変え、そして現実を変えるパワーは本人に依存しているかということもお分かりいただけたと思います。 上記図説を読めば、説明しなかったこと、例えば、物理レンジで頑張るべきことと、スピリチュアル(精神)レンジで頑張るべきことの違いがはっきりしたり、今自分が置かれている状況と照らした時にどこの段階で躓いているかも把握できるようになるはずです。 ところで、パートナースクールやうちの門下生のヒーラーさんによく「理屈はともかく行動してください」とお願いしています。なぜ? それはヒーリングを受ける方々に提供する価値だからです。 …

Announcement Announcement from Lucerne school Spiritual Study abroad switzerland

スイスのスピリチュアル留学新スケジュール

大変ながらくお待たせいたしました。 予約いただいていた方も、まだの方も スイスでチャネリングを学べる機会を再度設定し直しました。 11月14日~18日 以前と同時間帯 また、これにあわせて、18日の5日目 上級クラスは私の透視ヒーリング講義に振替をさせていただくことに致しました。 コロナが落ち着いている、という希望を込めて また6月30日までは予約特典がありますので 要チェックです! (既に予約いただいている方はすべて適用可能です) 楽しみにしながら、Stay Homeしましょう! スイスのスピリチュアル留学コンテンツページ https://theverities.org/studyabroad

Announcement Announcement from Lucerne school Bussiness Literacy entrepreneurship seminar Spiritual Study abroad switzerland

スイススピリチュアルセミナー縮小変更のお知らせ

こんばんは。コンサルティング業務に追われひーひー言っております。 さて、参加予定の方には既にお知らせ済みですが、 スイスのスピリチュアルセミナーは少し縮小になります。 変更点は次の様になりました。 7,8日のHerkimer Diamondが中止 9日にHerkimer Diamond縮小版として Rose Quartz 特別セミナーに変更(詳細はのちほどUpします) 初日の参加費は 79,000円(+税)になります。 10日目は今回私がスイスでコンサルティング会社を持つことになり、 併せてこのスピリチュアルスクールで ビジネス専門クラスターとして活動を開始することを記念し、 急遽ではありますが、その開業を記念してビジネスコースの特別セミナーとさせていただきます。 ・スピリチュアルで見る、世界経済のこれから ・新しい時代のエステートプランニング(21世紀の承継とセカンドライフの考え方) ・多様化社会に対応する基本的な資産構築方針と自分との付き合い方 ・今、スピリチュアルセンスを磨く意味 ビジネスリーダーとして、これからの社会をつくるために ・即席チャネリングであなたの投資属性を教えます。 以上、3時間です。 11日目は変わりません。 尚、9日、10日はどなたでもご参加が可能です。 この変更に伴い、参加費も変更されます。 9日 Rose Quartz 79,000+tax 10日 Amethyst 180,000+tax → 140,000+tax 11日 Crystal 220,000+tax (変更なし) *他 11日目は受講中の方のみとなりますので、ご注意ください。 また、万一パンデミックなどで交通機関が完全に停止した場合は、 完全に中止となります。 2020年3月13日現在、参加可能人数は残りあと4名です。 とりあえずのお知らせでした。 参加のお申込みフォーム raphael

Announcement Announcement from Lucerne school Announcement from PARIS france Spiritual Study abroad switzerland

フランス本校、スイス校の授業が公開されます。

みなさまこんばんは。 久しぶりに神戸にて集合しております。 さて、いよいよフランス本校、スイス校で公開される授業についての 詳細が決まって参りました。 それに合わせて、日本の授業体制の全体像も決まってきました。 日本では、神戸を中心に、大阪、岩手で拡大していく計画です。 (東京は提携先が見つかり次第) 中級までは日本で受けられる点については暫定で変わりませんが フランス、スイスで受講できる内容についてはまだ未確定の部分も多くありました。 しかし、時期が近付くにつれて徐々に霧が晴れ以下の内容でテーマが決まりました。 ・上級プレコースとしてDiamond Classが共通のクリア条件。 ・その後、専科コースとして「Amethyst & Crystal」のどちらか、または両方を受講できるようになる。 ・日本ではチャネリング中級までが開放され、その後スイス校かフランス校に進学できる。 ・スイス、フランス以外ではスピリチュアル教養学科が受講できる(=今のTurquoiseまで) 日本では、スピリチュアル教養としてターコイズまで、1~2年かけて受講していただいた上で、その後スイスかフランスで上級のDiamondを修了し、その後専門コースを選ぶ所謂ヨーロッパの大学方式になります。 また、これに合わせ、ルヴァンはスピリチュアル専門学校としてのポジションを確立することにしました。 詳細はまた、時々アップしていきたいと思います。 スタート時のロゴ案

Announcement Announcement from Lucerne school campaign Documents One point Organizer Promotion seminar Spiritual Study abroad switzerland

スイススピリチュアルセミナーの魅力(新しいリーフレット)

スイススピリチュアルセミナーの新しいリーフレットができました。 よく見るとすこーしだけ文言が変わっています。 前よりちょっと普遍的でソフトな内容になっているのと、 期日が挿入されました。 ところで、今みなさんに広げてもらっているこのセミナーですが、 僕なりに魅力を伝えてみようと思います。(以下、告知やご紹介などに使っていただいて構いません) まず、スイスでスピリチュアルセミナーを開催する理由です。 これはリーフレットなどにも書いてしまっておりますが、 何より最初にお伝えしたい魅力は、スイスが争いを避けている国だということです。 ミルク戦争(宗教改革派とカソリックで戦争になりかけたがミルクを飲んで和解したことからそう呼ばれる)でも見て取れるように、いかに争いを避けるかについてじっくりと学んできた国です。 殆どの国が凄惨な状態を見てようやく辛くも和解してきた背景が多いのに対し、スイスに限ってはなるべく争いにならないように一生懸命知恵を絞ってきた点は1番の特色と云えます。 平均月給が日本円で80万円という所得の高さや、物価が日本の約2~2.5倍程度というのは単に日本のように金融政策で貨幣を増刷してなんとかした、というよりは、アメリカの物価のようにじっくりと生産力や付加価値を伸ばし、時間をかけてそうなったのではないかなと思う節もあります。 金持ち喧嘩せず(=喧嘩をしないから金持ちになる)とはよく言いますが、それを絵にかいたような国ですね。 スピリチュアルでは平和や愛について学ぶ機会が多いのですが、これは戦争の多い国で学ぶのは非常に難しい側面があります。戦争は様々なカルマやトラウマを生じますから、そういった土地のカルマやトラウマなどを排除しながら学ぶよりも、純粋な環境の中での方がすんなりと入ってくることが多い。 2つ目に、スイスに行くという事に価値がある。 1つ目の理由にも被るところがあるのですが、争わないメンタリティみたいなものがあり、こちらは実際に行った人にしかわからないと思います。 単に景色がきれいだとか、水が美しいだとかいう物理環境も勿論なのですが、それ以上にお互い様の精神が備わっているのは日本にはちょっとない特徴だと思います。 日本だとどうしても、どっちが悪いとか良いとか始まってしまいますが、向こうの人たちはこちらはこちら、あちらはあちらです。お互いに採るべきところ、顧みないといけないところがありますよね、というのは敢えて日本みたいに語るまでもなく既にそれがそうだ、ということです。 それともう一つそれに関連しているのは、自己尊重が上手だということ。これは意外と難しいですよ。イタリアにしたって自己尊重はするかもしれませんが周りの迷惑はあまり考えません。アメリカも同じ傾向があります。どこか独善的なところがまあある。といっても、日本のように自己犠牲を善とするよりは全然良いと思いますが、スイスの場合はそれをはるかに通り過ぎて、お互いに自己尊重しようという暗黙の了解がある。 ドイツだって車道、歩道、路面電車道、自転車道と4×2方向で道路が敷設されているように、お互いがお互いの領域を守ろうみたいな国民性はそこかしこに見られますが、スイスはそれをもうちょっと強化したような感触があります。 わかり易く言うと、「他者は自分を尊重するかのように、尊重せよ」とちょっと仏教に近い思想が垣間見えるような気がいたします。 これも、スピリチュアルでは大事な学びの一つで、自己尊重が他者尊重に限りなくイコールに近いということを学ぶことになりますが、これもスイスと云う環境ならではで、街中を歩いていてもそんなことを感じ取りながら、いかに日本という環境が「迷惑をかけあってあたりまえ」に慣れすぎているかを面食らわされる局面があります。 「互いに尊重しあう事」言葉でいうのは容易いですが、それを地で行くスイスでスピリチュアルを学ぶのにはこれ以上に相応しい場所は地球上に他にあるだろうか・・・?というくらい。素晴らしい環境です。 そのため、スイスに来て先ず思うのは「自分はここに居ていい」とうけいれられているということ。つまり、愛を感じる場所だという事ですね。 そして、スイスに自分がいていいと思わせてくれることで、自分がこれからも生きていいんだ、という心地にさせてくれる。生きる自信を取り戻させてくれる場所でもあるということです。 もうそれだけで来る価値があります。 最後に3つ目。これはちょっとおまけなんですが、スイスはやはり美しさの代名詞です。 勿論、イタリアローマやフランスパリ、チェコプラハなども僕は個人的にとても美しいとは思いますが、「上品さ」という切り口だけでいうなれば、失礼を承知でスイスに勝てる国はおそらく先ずないでしょう。これは国として徹底しているのか、国民性なのか、或いはその両方かもしれません。 この項については国際人の方なら皆首を縦に振って「まあ、そりゃスイスはなあ」とうなるのではないかと思います。Bernや、Basel、Zurichなどどこへ行ってもです。 今回セミナーをさせていただく予定のBRUGENSTOCKRISORT(やむを得ず会場を変更する可能性はありますのでご了承ください)のあるのはLucernなのですが、とにかく品位品格が、一流ブランドでなかったとしてもほぼ全ての場所で享受できるところはスイスという国ならではなのではないでしょうか。 公共施設や、公共スペース、公園なども一貫して美しいです。 町全体が美術館ともいえるし、とにかく一生に一度でいいので来てほしいですね。 最後に、今回に限り、本校国際事業キックスタート記念も兼ねていますので、オーガナイザーさんの招待があれば、セミナー料半額になりました。また、上級コース(Crystal Class)の方に限り、最終日の上級授業ディナー後、Brugenstockにお泊りになる場合は1泊2万円で宿泊いただけます(通常1泊3~5万くらいなので、約半額に)。 折角の機会ですし、初級クラスの最初の3日間は、どんな方でもご参加いただける優しい内容になっていますので、オーガナイザーさんと一緒に友達お誘いして、団体様でお越しくださいね。 セミナーの詳細はこちら rapahel

Announcement Announcement from Lucerne school Documents Spiritual switzerland

スイスセミナー

公共施設やホールなどに設置するタイプのちょっと大人しめなリーフレットできました。 駅の構内などで掲載するものです。 全国版で想定しながら内容を選んでいくとこうなりました。 うっかりすると文京シビックホールとか、東京大学構内とか、 品川駅などに設置されても大丈夫なような内容かもしれません。 raphael

Announcement Announcement from Lucerne school campaign Study abroad switzerland

オードリーヘップバーンが愛したホテルで(スイス突然キャンペーン)

スイスプロジェクト、1年がかりで色々ありましたが ようやく形になります。 はあ、ここまでくるのにどんだけかかっとんのや・・・!(たまに関西) というわけで、Brugenstock Hotelさんのご協力あり、会議室を受付段階で抑えることができましたー! 担当のお姉さんマジでありがとう・・・ (厳密には予約確定はスイスルールで利用日の1ヵ月前なんだけどね!) 画像が表にはダウンロードできんようになっているみたい(スイスは全般的に権利関係に規制が厳しい)なので、せめてキャプチャやらリンクやらでその感動を少し分かち合いたいと思います。※画像クリックでWebサイトに飛びます。 とくと見よ、この美しさ・・・( ´ω` )/ ちなみに場所はこちら: ちょっと拡大したりして位置関係とか見てみてください。 あとはWikipediaを参照ください。 結構興味深いのは俳優女優や政治家(といってもアメリカの政治家とかですね)が愛好しているという点。 数々の伝説を残すホテルですが、一番有名なのはオードリーヘップバーンがゴルフを楽しみ結婚式を挙げたところだということでしょうか。 残念ながらネット上では見つからなかったのですが、現地の看板にPaul Smithも宿泊したとか書いてあったような気がします。 何より、これを見てるだけで元気になれるのはなぜ?なぜだろうw 最後に、今回使わせていただく会議室のお写真 みなさん、the Veritiesメンバーで良かったっすねー!w そもそもこんな場所をカードに控えているなんて、我々なかなかやるなぁと思いません? また博識故にこのホテルを知っていたとしても、こういう企画として思いついたり、まとめるには少々専門知識やスキルが要るんですよー はい、それと、いきなりキャンペーン。 1.Joyful Campaign 公式オーガナイザーの方のご紹介であれば 最大5名様まで スイス留学プラン、 すべて半額といきましょう。 もちろんオーガナイザーさんも、 その場合は半額で。 色々考えたんですが、今回は喜ばしい企画です。 何といっても、「喜び」です。 喜びを分かち合いましょう。 セレブレーションも兼ねて。 というわけでJoyful Campaignと称して分かち合いましょう。 もともとのプランはこちら ※AWS受講生も参加可能。 2.Referral Campaign 加えてリファラルキャンペーンとして こちらはオーガナイザーでなくとも、 知人友人、親族等で3名以上このスイス講座にご招待確約(ご紹介により参加確定した方=ここではゲスト受講生と呼びましょう)していただいた方には なんと、最終日(4/11/2020)の当ホテル内レストランで行うthe Veritiesディナー親睦会(通常参加費CHF200)を無料で、ご紹介により本講座にご参加頂いた方にもお友達優待としてCHF50でご招待いたします・・・! 誘った方も、誘われた方も嬉しい😃 会食予定会場Spices kitchen (やむを得ない事由により予告無く変更する場合もございます) おい!なんて素敵なんだ( ´›ω‹`) ただ、ディナーまで取ってしまうと流石に帰りが大変ですよね。なんせ山の上のリゾート地です。 …