ご無沙汰しております。Raphaelです。

2ヵ月ほど、瞑想とヒーリングに浸かっておりました。

マスターのMARIが引退されたのちすぐに課された課題は

やはりセルフヒーリングと瞑想だったようです。

思っていたよりも早い段階で変わってしまったため、

私自身準備ができていませんでした。

しばらくは落ち着きませんでしたが、

ようやく一つの方向性が見えてきたような気がします。

まず、承継についてです。

承継とは何か、ということについてしばらく考えていました。

これまではマスターのMARIと二人三脚でしたので、

そこまで深く考えていなかったのかもしれません。

というよりは、承継の在り方について深く考えないままに

突っ走ってしまっていたようにも思います。

すぐに誰かに伝え、次々に広げていかねば、と焦る毎日でした。

しかし少し立ち止まって瞑想を深くしていくうちに

「保存すること」

も承継の一つなのではないか、とも考えるようになっていきました。

取りあえず今はこれらの技術を使って、「何かを為そう」という気配は表れていません。

しかし、3年後5年後、もしかしてみれば10年後かもしれませんし

明日かもしれませんが、いずれそういう人物が現れる可能性があることを感じました。

たとえば私自身も、マスターMARIからすれば、当初から巡り逢うことを想定して活動をしていたわけではないわけで、

しかも始めたての頃のMARIがそんなにすぐに次々にと広げていったとは認識はありません。(そのような話は聞いたことがないどころか、本当に1間1室、全くの無名からスタートしたような話を聞いていました。始まったのは山口の宇部です)

そのような姿勢に顧みて、私が今すべきことは何か。

まず「保存する」ことだということ。

習っていらっしゃる方ならいずれおわかりかと思いますが、

この技術、非常に有用性が高いのですが、実際に実践しないとわかりません。

今はまだ、実践者が少ない以上は、保存する方に意義があります。

その次に、必要とする人が現れた時に、すぐに手渡せるように毎日磨き上げておくこと。

特にスピリチュアルのワークは日常生活に活かしてこそだということろは、私もMARIも同じ考えだったように思います。

特別な技術ですぐに何か得られるというよりは、自分の心の有り様が少しずつ季節のように移ることを拒まず自然に委ねることができれば

自ずと現実もそれに合わせて色合いを鮮やかにしていくだろう、というところにスピリチュアルの真価を置くべきで、今の自分が正にそれに匹敵することを求められているように感じざるを得ません。

ところで、技術の保全も兼ねてのところにはなりますが、

一度改まって新しい設定を組みたいと思っています。

いずれにせよ時代は新しくなるばかりでも私たちは全く追い付いていないというのが実際の心境だと思います。

変わりゆく世の中に対してどこか自分が置き去りになってないだろうか、

そんな不安を一切抱えていなければそれに越したことはありませんが、

自分の中に軸を一つ据えるという意味での落ち着きの加減と、

私たちは心で支え合うことができるという信じる気持ちを取り戻すためにも

久しぶりにささやかではありますが、ワークショップを開こうと思います。

場所は、山口県からの参加者が3名を超えた場合、山口市内です。

そうでない場合は、いつも通りZOOMで行います。

瞑想会と言う瞑想会は実に3か月ぶりなのではないかと思いますが、

私もそろそろ啓蟄を迎えて春の空模様に精神を寄せたいと思い始めている頃合です。

もしご参加できます、という方がいらしたら、

ぜひお越しください。(ネット参加も可です)

【概要】

テーマ 感情とエネルギーの開放と瞑想ワークショップ

日程 3月22日(月) 13:00~16:00

会場 未定(山口市内又はZOOM)

【内容】

これからの私たち

2021年からの歩き方

自分の本来価値に気づく

「受け入れる」自分の生い立ちを強みにする生き方

感情の傷の癒し 自分が押し込めていた気持ちと許しのワーク

小話 今後のスピリチュアル学習方針 どのように活かすか、向き合っていくか

閑談

【詳細】

参加費 14,000円(税込)

締切 3月13日 22:00

人数 5名まで(ネット経由であれば人数として不問とします)

持ち物 あればロザリオ、聖書など

参加方法 theveritiesjapan@rosarium.cc 宛まで

他  参加費は事前振込制です。

三井住友銀行 神戸営業部 普通1742633 ザヴァリティーズオーグジャパンゴウドウガイシャ

Paypal可

You might also enjoy: