まあこういう記事を書いてしまうと恐らくは他のセッションサービスなどを提供している類似業者さんがしきりにこの短文を引用したり模倣したがりそう(ただしGoogleは仕様上模倣ページをあまり評価しません)ですが、一応間違いがないように先に明示しておきたいのは、

そもそも、スピリチュアルがライフハックスキルだと定義づけているのはXCIだけ=XCIの独自性=なのですよ。

と言うのも、それこそが私たちXCIの起点であり、アイデンティティだからで、実はXCIブランドを経由してみなさまに現在提供しているすべてのプログラム・・・セッションや授業などのプロダクト全部に水面下で1本共通しているアンブレラコンセプトでもあるんですね。

丁度、この1ヵ月間色々とブレインストーミングをしながらもそのコミットメント、スピリチュアリティを示すに良き公開資料を作成していました。

ちなみに、まだ試作品なのでところどころ説明が変かもしれませんが、本質からは逸れていないので仮に内容を理解できれば特に大きなリスクはありません。

※資料にも記載ありますが、無断転載はいかなる理由においてもご遠慮ください。

spirituallearningguide2021_ver0

大事なのは、スピリチュアルをマスターすること=ヒーリングができるようになること、ではないという事です。

え・・・!

と思いましたか?それもそのはず。今までのスピリチュアルスクールはみんな「セッションスキル」だったり、「エネルギーワーク」などの部分集約的な技術習得の延長で済ませていることが圧倒的大多数だったからですね。

勿論技術習得をするプロセス自体は別に何にも間違ってはないし基本的にシャーマニズムでない限りは修得者にとりプラスしかないんでしょうけど、それはパーツにすぎません。それだけだと、仮にエネルギーワークをマスターしたところで手相占いを学ぶのとまったく同じレイヤーで止まってしまいますし何もスピリチュアルを敢えて学んでることにはなっていません。それはむしろ、スピリチュアルの氷山の一角、あるいは枝葉末節である「技術」を学んでいるだけなんです。

実はこの資料でもそのくだりが書いてあります。「プロとそうでない人の違いは、全体像をはっきりと認識しているか否かで歴然とした差が生まれる」という説です。要するに知識だ技術だというのはパーツにすぎず、全体像は何かといえば自らが独自のライフモデルを作る事そのものなんですよねー。

(ちなみにここでもし今の受講生さんで「え・・・!」って思った方は焦らず先ず初心に帰ってください・・・その場合は例えば技術や知識は誰でも習得できるため何らの優位性も生みだせないことなど、マスターたちの話をもう一回振り返ってみましょう。)

それに技術習得の方がマーケティング的にわかりやすいといった理由から一般のスピリチュアルスクールが本質を追求することは経営的に厳しいためその選択自体がそもそも珍しく、そこに触れていたとしてもこれといってわかり易い経済的メリットが双方ないということでほとんど無限小に終わっていたのですね。これまでは・・・

だがしかし。。。ですよ

私たちXCI及び、the Verities orgは、謂わば世界標準のスピリチュアル大学院です。まさかそんなマヤカシ―経済性だのなんだのとそういう俗世的なレイヤーで満足する私たちであるはずがありません。仮にその選択が正しくなくても一流は一流に収まってこそと思いませんか! やっぱりハイエンド型PCに4GBメモリはイメージ的にちょっと合わないんですよね。

そう、私達は云わばイギリスのケンブリッジ大学は神学部、アメリカならハーバードスピリチュアルスクールみたいな立ち位置なわけですから、そんな甘い囁きに傾いたところで放っておくはずがありません。Mozartではないですが、偏りも突き抜けさえしてしまえば圧倒的な価値に昇華できるもの。我々スピリチュアルマスターにとっての敵とは常に「中途半端さ」なのです。

とはいえ、経済活動も両立する必要があります。そこで、私たちがスピリチュアル産業家として世間に提供したいのは、Spiritual Workerというある種の職位を提案し具体的なそのポジションの在り様を仕様や水準で明文化することです。

あれれ、スピリチュアルは技術承継じゃなーい!とか言ってたんじゃなかったの?と聞こえてきそうですが無論精神性にフォーカスセンタリングを置いたままです。どういうことか・・・

Spiritual Workerという聴きなれない単語は勿論私たちXCIの造語です。行動変革プロセスを変えるプロフェッショナルのことをSpiritual Workerと呼びます。

行動変革を齎せるプロという側面に於いては様々な職種やフィールドで花咲かせそうです。

ここでは例えば一番わかり易いのはまず起業家、経営者(実業家)、芸術家やデザイナーといったクリエイター3種族(一応言っとくと起業家と経営者は全然違います)。クリエイターではないけど同時に表現者でもあると考えると音楽家、作曲家などもここに分類されますが、私のチャネリング情報ではスピリチュアルの学びの機会はどちらかと言えば演劇作家や歌劇作家が向いているそうです! 尚音楽家というのは作曲は勿論ですが、ピアニストやフルーティスト、コンダクターも入ります。

次のセクターで資産家、祈祷師、ビショップ(主教クラス)、教職などの指導者、それに続いて投資家、医療者、弁護士、会計士、エンジニアといった技術職に就いている人たち。

そして最後のセクションに司法官や決裁者、政治家や大統領、王族、マネジャー、プロジェクトのリーダーセクションを任されているといった何らかの意思決定マネジメントやガバナンス力が必要とされているすべての人たちなどがわかり易いでしょう。

※上記はスピリチュアル・・特に中級以上のクラスを学ぶと最も利益を得られるような層の代表格を挙げてみましたが、初級クラスまではほぼ全人類が学んで得するのと、起業する予定でも専門分野がまだ確立していないケースなどは中級まで学んでもプラスが大きいと考えられます。

そして、そういう人たちがXCIで学ぶと同時にSpiritual Workerであるという新たな切り口でのポジションを手にします。例えば、会計士+Spiritual Workerであるというように。それがどのように良い方向に働くか?

実はスピリチュアルは意思決定=情報の代入値(=私たち的には「設定値」と呼ぶ)や表現に関する分野において最も優れて効果的に働くようにできている仕様上、特に意思決定やコミュニケーション自体に機会費用がかかるような場面においては非常に優れた意思決定ツールとして役立ちますし、これがスピリチュアルを学んだ人が「行動変革者」であると定義づけられる裏付けでもあります。

※例えば音楽家の場合は会場と自分、来場者と自分、といったコミュニケーションモデルが成立するためやはりここでも例外ではない。

そうやって新たに定義づけると、なんてことはない、スピリチュアルの学びと言うのは結果からすればまあ大抵誰にとっても必要だという事が自明の理になるわけです。あら不思議。

領域の切り方や区分の仕方を改めて定義し直すと、Spiritualな学びも極めて一般的に受け入れられる可能性があることが垣間見えます。

また、気が向いたらその意思決定がどうスピリチュアルの学びと関連しているのか、もう少し深く触れてみたいと思います。

Author

XCI運営兼立ち上げさん。世界中を回りまわってるぐるぐるSEです。
普段は主にシステム関係の調整やらデザイン業務を担当していますが、
時々スピリチュアルコラムを書かせていただいています。
最近はFranceのIT事業投資に興味深々。

宜しくお願いします!

You might also enjoy:

Leave A Comment