ヒーラーとしての道を始める講座

ヒーリング技術中級クラス

for Intermediates

ヒーリングスペシャリストになるための素地づくり。

人が自由になれない理由があるとすれば、その原因のほとんどは分離の傷が癒えないことと言い換えることができます。

経済面の問題は幼少期の頃の父親との関係の問題が起因することが大半ですし、

人間関係の問題は母親との関係性の問題が起因することがほとんど。

そのため、ヒーリングを技術として習得するにはまず、人間関係や心理学を学んでおく必要があります。

「いかに不自然なことが起きているのか」の理解が深まれば深まるほど

ヒーリングの技能者としても成長するといえます。

自然にあふれる愛のエネルギーを取り込もう。

自然界の法則に身を委ねよう。

自然界には、裁くことも裁かれることも、普通はありません。それは「意図が入っていないから」、ともいえるでしょう。

言い換えれば、裁いたり裁かれたりするのは、そこに「意図があるから」とも解釈できます。

ところが自然界には裁くことはおろか、評価すらありません。そこには苦しみも快楽もなく、ただただ「あるがままにある」だけです。たとえば水は水になろうと思って水になったわけではありません。

泡沫は泡沫になろうと思って、泡沫になったわけではありません。それが委ねる、ということの意味です。

「合わせる」ということを学ぶ。

ここまでスピリチュアルを学ぶ方は、これまでの統計では初級クラスを受ける方の半数程度、50%程度です。多いように感じるかもしれませんが、そもそも”これまでの”原理原則で考えると、スピリチュアルを学ぶ人口で考えれば世界人口に対して潜在的な受講生も含めても6%程度、4億人くらいだろうと私たちは考えています。その内の50%ということは世界人口の3%に入るとすると、これは富裕層の人口の2,000万人(0.3%)の10倍ではありますが、かなり希少な何らかの特殊性を有した人物であることは間違いありません。

しかし、ここからがスピリチュアルやヒーリングの本分であると共に本質の領域に入り始める入り口に立つことになるといえます。なぜなら、自然界の純粋な流れに「合わせる」ことを練習するからです。

特殊能力者としての道を始める。

素地から、技術へ。

これまでメンタリティや倫理、哲学や理論が半数以上でしたが、ここからは技術をメインに進めていくことが可能です。

チャネリングやメディテーションも応用領域に踏み込み、実際にヒーリングを習います。また、カウンセリングやセッションの実技練習の時間も大幅に導入され、実践としてヒーリングを生業として生かす方法論もお話します。

はじめてスピリチュアルを学ばれる方や、興味のある方にとっては、ここが一番最初の目標となるでしょう。

CURRICULUM

AMETYST

  1. 発達心理学(2回)
  2. 応用カウンセリング技術(2回)
  3. メディテーションの応用(3回)
  4. ソウルメイト学 パートナーシップについて
  5. 無限想像の思考パターン
  6. 教育指導技術と教育心理学
  7. 神聖幾何学ELIXIRIO ⑥~⑧

受講形態など

  • 全10回×90分
  • 人数は1クラス7人まで入ります。
  • 授業は火・木・金曜日の内、週1日開催(週により曜日が若干変わります)
  • WEBでのリモートレッスンが基本です。(当XCIサイトページからWEB教室で受講できます)一部、Hawaii、NY、Switzerland校ではリアル授業が受けられます。

受講料 CHF 6,600 - / USD 6,600-

JPY 720,000-

お問い合わせ